今回はダンスクラブで働くダンサーが主人公。どう考えてもダンスパートが重要であることは言うまでもない。

自分で書いておいてなんだが今回思いの外ダンスパートが多くなり、作品のうち何割かを任せられる人材を探していた。言ってしまえば、ダンスクラブで踊る彼女らを振付するだけでは全然足りなかった。

つまり演技パートとダンスパートを、シームレスにつなぐ能力が必要だった。例えば、

「ミュージカルって、演技しているときに突然歌いだすから抵抗ある~」

という人がいる。僕は絶対に、美味しいウニを食べたことがなくて苦手、と言う人と酷似していると思ってる。それはウニが不味いんじゃなくて、ただ本物を食べてないってだけなんだよ! と声を大にして言いたい。

お解りと思うが、普通ダンサーにそこを補正する能力など必要ない。なぜってその職種ごとの特殊スキルにこだわって磨き上げるからプロと呼ばれる訳で。

しかしその中でも、自分のダンスを魅せるだけでなく、ステージプロデュース自体にこだわり、呆れるほど多くの人々に出会い、しかも自分がダンサーでありながら彼らのダンススキルよりもその人間自体に飽くなき興味を抱く人物。

わずかながらそんな可能性を探していた時に、出会えた。現時点で完成している台本と楽曲のリストを用意し、音源を準備しその場で聴いてもらう。

思えば、旗揚げなのにプロットさえあやふやなまま勢いだけで会って、それでもその後台本を書き直して選曲もしてそのシーンごとの意味を話して、スケジュールを確認してもらった。絶対に後悔させない。

ダンスシーンは、全面を明け渡す。

http://cu-tatsuya.com/