今回の台本は「椿姫」をベースにした物語。高級娼婦「椿姫」マルグリットと青年アルマンの恋物語。

オペラで有名なこの作品だが、もともとは小説として発表されたもので、それがいつしか戯曲になり、それを観たある人物が感動し、やがてオペラとして紹介したという。

そんなお話なので、現代人にとっては非常にシンプルなストーリーだと思う。それにこの作品を土台に今まで数々のラブストーリーが作られてきたはずだから、逆に他の作品と似ているなんて評判も起こっていそうな気もする。

今回はなるべく戯曲自体を活かして、その周りで起こる出来事を描いています。