デュマの父親は彼よりももっと有名な作家だった。「三銃士」や「モンテクリスト伯」等、数々の名作を書き上げている。

そして女が好きだった。

当然子供がたくさん居ただろう。息子のデュマは、そのなかでどういう訳か父と同じ道を選んだ。