今回の物語は、作者デュマが 小説「椿姫」を書いているところから始まります。

彼の父親もまた劇作家で「三銃士」や「モンテクリスト伯(巌窟王)」など有名な作品を手掛けていました。

息子のデュマ・フィスは父親をとても恨んでいました。

じぶんの母親には目もくれず、多くの女性と関係を持ちその結果、多くの子供たちを抱えていたからです。

父親に復讐するため、彼はあえて父と同じ道を進みました。