通常稽古のほかに現在ダンスシーンも作っています。

ふつうならダンスの振付けだけ伝えれば良いところを、毎回演出家が顔を出しているので、どんどん演技のシーンとの境界が無くなってきています。

それはぼくの目指すところで、それでCユタツヤさんにお願いしているのです。

この想いをどう説明すればよいのか、いったいどんなひとに頼んだら良いのか、演出をする前からずっと考えていました。

ダンス業界に明るくないぼくは彼のことを何ダンサーと呼んだらよいのか判らなくて、もちろんすでに数多くのCMや舞台で振付けをされている訳ですが、俳優に近いなぁと勝手に思っています。

見ていると、決まったスタイルが見えにくいふわふわした印象はあります。

しかし、このタイプのダンスが欲しいと言うと、すぐに具現化してくれます。

ほかのダンサーに聞くと、型がないというよりむしろいろんなスタイルを研究されているようで、じっさいは型がないというより多くのそれらを取り入れているようです。

そして演技もまた、そのおおくの型のうちのひとつのようです。

セリフのない瞬間がどんどん膨らんでいきます。

これは俳優も演出家も到達できない領域かもしれません。

間違いなく、今回重要な見せ場のひとつです。